履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文

履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文

就職・転職時に避けて通れないのが履歴書職務経歴書。転職経験は3回ありますが、そのたびに履歴書職務経歴書をしっかり書き上げ、就職・転職に望み、内定を勝ち取ってきました。志望動機自己PRは最も重要で、最も自分を売り込む事ができるポイントです。売り込むというと難しそうですが、要は自分のいいところを探して、拡大解釈でもいいのでよい表現をする「見方を変える」事です。これはいろんな場面で通用します。でもウソはいけませんよ(笑)
履歴書はその人の顔、生き様そのものです。書類選考では人事担当者は履歴書からその人の全てを判断します。書類選考を通る履歴書の書き方を始め、履歴書フォーマットダウンロード履歴書志望動機の例文、履歴書自己PRの例文から、履歴書封筒の書き方、履歴書折り方まで幅広く、就職・転職時の経験談も交えつつご紹介します。
是非、内定・就職を勝ち取ってください!!


大物実業家も参拝する《金運神社》とその参拝法とは?
【楽天で今売れているものは?】

履歴書の学歴と職歴の書き方

履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文」を訪問頂きありがとうございます。

履歴書に書く学歴・職歴欄には、学歴を最初に書きます。
学歴は中学校の卒業年度から記入しましょう。
学校名を書く際、入学と卒業または中退を書きますが、卒業または中退時は「同校卒業」のように省略してはいけません。
全て省略せず、○○高等学校のように正式名称で書きましょう。

会社に勤務した職歴は、学歴の後に一行あけて、次の行の中央に「職歴」と書きます。
古い順に記入します。
会社名、入社後に所属した部署を書きましょう。
正社員ではなくても、期間の長いものは記入するようにしましょう。
短期間でも、その経験を自己PRできるようなものであれば記入しましょう。

入社・退社の年月を間違えないように確認しましょう。
退職理由も書きましょう。「一身上の都合」が主流です。

退職理由のポイント
退社はどんな理由であっても、面接では必ず聞かれますのでよい切り返しを準備するようにしましょう。転職はここが最重要課題です。
嫌で辞める事が多いと思いますが、給料が安い、上司と合わない、などは絶対に言わず、スキルアップ、お互いの方向性を認めつつも別の方向で上を目指す事を決意し退職した、などよい言い方を準備しましょう。
見方を変えればよい回答はいくつも考えられるはずです。
ただ、面接官はプロですから、全くのウソを言うと見抜かれます。なので自分自身でも納得のいく・確かにその通りの考え方もできるな、といった思い込みのできる回答にしましょう。

会社名も省略してはいけません。株式会社を(株)とせず、正式名称で書きましょう。

職歴がない場合は「なし」と書きます。

最後の行の右寄りに「以上」と記入します。
コメント:0トラックバック:0Edit

履歴書の写真の撮り方と貼り方

履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文」を訪問頂きありがとうございます。

履歴書写真は基本的に必須です。たまに貼らない人がいますが、顔の分からない人を採用できるはずもありません。その会社の姿勢は関係なく、常識として、必ず貼りましょう。スナップ写真の切り抜きなどはダメです。

通常、写真のサイズは、縦4cm×横3cmです。
枠に合わせて、ずれないように慎重に貼りましょう。

服装は襟付きの服が基本です。
スーツの場合は、ダーク系の方が顔写りがよくなります。
顔つきに気をつけましょう。笑顔、緊張した顔もダメです。
穏やかな表情、ゆとりのある表情がよいでしょう。

機械の証明写真ではなく、写真屋に行って証明写真をお願いするほうがよいです。その場合、上手に撮ってくれる店を選ぶようにしましょう。
最近はデジカメで撮り直しが利くようになってきたので、納得いく写真が撮れるまで、何度でも撮り直してもらうようにしましょう。
自分の人生がかかってますからね。

貼る写真はなるべく3ヶ月以内に撮影したものにしましょう。
貼る前に、写真の裏に名前と生年月日を記入しておきましょう。
万が一はがれてしまった場合に、誰の写真かすぐ分かります。


「たかが写真だろ?」とバカにする人がいますが、写真で失敗する人は結構います。

入社後に人事担当者と話をする機会がありましたが、優秀な応募者が多い年度は選ぶのがつらいそうです。
(企業によっては、結構いい加減に選んでいる担当者もいて、驚いたこともあります・・・)

ほとんど差のない、優秀な候補者が複数いたとしても、全員を採用することはまずありえません。
人事担当者は何かの理由をつけて候補者を絞ることになります。

そういう時の選考基準には、先着順・できるだけ通勤時間が短い・家が近い、担当者によっては印鑑の押し方や写真写り、写真の貼り方(枠からずれておらず、丁寧に貼っているかどうか)などで選ぶしかない場合もあります。
コメント:0トラックバック:0Edit

履歴書の基本的な書き方

履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文」を訪問頂きありがとうございます。

履歴書の一番上にある日付は、会社に持参する場合は面接当日の日付、郵送の場合は投函日を記入しましょう。

氏名は戸籍に書かれた正規の文字を記入しましょう。略字はダメです。
印鑑も合わせましょう。
ふりがなは「ふりがな」とあればひらがなで書きます。「フリガナ」とあればカタカナで書きましょう。

○で囲む場所はしっかりと円を描いて○を書きましょう。
○は手で書く時にはしっかりした○は書きにくいものです。
性別の部分は小さいのでまだよいですが、○を書きにくい場合は上下左右に均等間隔で小さく点をつけ、そこを通るように円を描くと描きやすいです。

印鑑はまっすぐ押し、乾くまで触ってはいけません。

生年月日は和暦で書きましょう。西暦で書く人もいますが、現在は和暦が一般的です。和暦も省略せず、「昭和」「平成」と書きましょう。
○をつける場合は、上記のように円を描いて○で囲むようにしましょう。

住所は県名から書き、番地を省略しないほうがよいです。○丁目○番地のように書きましょう。
18歳未満であれば、保護者欄は必ず記入しましょう。

日付は平成などの元号(平成○○年○月○日)、または西暦(20○○年○年○日)で統一しましょう。
コメント:0トラックバック:0Edit

履歴書の印鑑の選び方と押し方

履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文」を訪問頂きありがとうございます。

履歴書に押す印鑑は実印や銀行印ではなく、認印を使用するようにしましょう。
また、戸籍の苗字の漢字と同じ漢字を使用した印鑑を使用するようにしましょう。

印鑑のポイント
少々左斜めに押すと、お辞儀をしているように見えるため好印象だとか…?。
本当に好印象かは分かりません。が、某有名私立ではそのように指導されていました。(実話です)
逆に右斜めに押すと、ふんぞりかえって見えるためよろしくないとか(・・・笑)

実際、私は常に少し左を意識して印鑑を押すようにしています。右斜めになってしまうよりはいいですから。
結果はというと…好印象なのかどうかは分かりませんが、こういった点が勝敗を分けることはありえると思います。

候補者が多く、甲乙つけがたい人が複数いたとしても、全ての人を採用することはできません。
人事担当者は何かの理由をつけて候補者を絞らなければなりません。

そのような逼迫した事態になることはあまり多くはありませんが、人気職種・人気案件なら充分ありえます。
そういう場合は、先着順・できるだけ通勤時間が短い・家が近いほうを優先したり、場合によっては印鑑の押し方や写真写りなどで選ぶこともあります。

自分が逆の立場だったら、どうしますか?
コメント:0トラックバック:0Edit

履歴書の文字と文章の書き方

履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文」を訪問頂きありがとうございます。

履歴書の文字は、当たり前ではありますが、誤字、脱字、当て字、記載漏れ(空欄)があるとよくありません。
一文字一文字、ゆっくり丁寧に書きましょう。
上手い下手ではありませんが、下手よりは上手いほうがポイントは高いので字があまり得意ではない人はゆっくり書くようにしましょう。

文字の大きさはなるべく均等に。大きすぎたり、小さすぎたりしないようにしましょう。文字間隔にも注意が必要です。

文字と文章のポイント
心配な場合は、履歴書の枠の上の線から下へ5mm、下の線から上へ5mmあけた部分に鉛筆で薄く線を引き、その線と線の間に字を書くようにしましょう。
標準の枠は少々大きいので、このように枠をあえて狭くすると書きやすく、線を消した後は枠の中心に文字が書かれている形になるので見た目も大変綺麗です。
実際、その書き方で学生時代に1社目で内定をもらいました。

履歴書は、鉛筆や黒以外のペンでは書かないように。黒のボールペン、または万年筆を使用しましょう。
履歴書には修正液は間違っても使用してはいけません。訂正印も原則使用しないほうがよいですが、どうしても書き直せない場合は赤の二重線を必ず定規を使って引き、その上から小さめの印鑑で訂正印を押しましょう。
また、当然ですがコピーを使用するのは絶対ダメです。

数字はアラビア数字(1、2、3…)を使用しましょう。

職歴の最後には「以上」と書きましょう。

印鑑はまっすぐに押すようにしましょう。印鑑に付属のスポンジではなく、
必ず朱肉を使用して鮮明に押しましょう。

転職の場合は、転職用の履歴書を使うようにしましょう。
希望給与額、退職理由などが記入できるようになっています。

また、過去に提出してダメだった場合などの履歴書を再利用する人がいますが、これもダメです。見た目でバレます。
シミがあったり、汚れていると、これも悪い印象を与えてしまうのでやめましょう。
コメント:0トラックバック:0Edit
Copyright © 履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます