履歴書に記入する自己PRの重要性|履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文

履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文

就職・転職時に避けて通れないのが履歴書職務経歴書。転職経験は3回ありますが、そのたびに履歴書職務経歴書をしっかり書き上げ、就職・転職に望み、内定を勝ち取ってきました。志望動機自己PRは最も重要で、最も自分を売り込む事ができるポイントです。売り込むというと難しそうですが、要は自分のいいところを探して、拡大解釈でもいいのでよい表現をする「見方を変える」事です。これはいろんな場面で通用します。でもウソはいけませんよ(笑)
履歴書はその人の顔、生き様そのものです。書類選考では人事担当者は履歴書からその人の全てを判断します。書類選考を通る履歴書の書き方を始め、履歴書フォーマットダウンロード履歴書志望動機の例文、履歴書自己PRの例文から、履歴書封筒の書き方、履歴書折り方まで幅広く、就職・転職時の経験談も交えつつご紹介します。
是非、内定・就職を勝ち取ってください!!


大物実業家も参拝する《金運神社》とその参拝法とは?
【楽天で今売れているものは?】

履歴書に記入する自己PRの重要性

履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文」を訪問頂きありがとうございます。

履歴書の項目の内、重要といえるものに、志望動機があります。
そして、もう一つは自己PRです。

この履歴書の自己PRとは、セールスマンが自社製品を営業先に赴いてプレゼンするのと同じで、自分自身を応募企業の人事担当者にプレゼンするための説明資料、と考えてください。
私はこういうところがいいところです。
これまで、こんな仕事をこなしてきました。
人間関係は上手に作っていけます!
実は○○○の資格を持っています!
でも、○○は少し苦手です・・・。
というように、経歴能力を全面に押し出して自分をアピールするための項目が、自己PRです。

プレゼンする資料ですから、手は一切抜けません。
嘘はつけません。話していく内にばれてしまうでしょう。突っ込まれたらぼろが出てしまいます。
伝えたくない部分は黙っていてよいですが、相手の利益になる点を上手にアピールする必要があります。自分中心ではいけません。

こう書くと難しそうですが、順番に整理していけば、そんなことはありません。
普段から自分を見つめる時間を作るようにしておくと、いざという時に書きやすいのではないかと思います。
なかなかそういう時間はない!という場合は、時間をかけて整理することで、よい自己PRを書くことができると思います。自分の自己PRを書けるのは、自分だけですから。
コメント:0トラックバック:0Edit

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
【あなたはDVDをレンタルした時に損をしているかも・・・】
Copyright © 履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます