英文履歴書と日本の履歴書の違い|履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文

履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文

就職・転職時に避けて通れないのが履歴書職務経歴書。転職経験は3回ありますが、そのたびに履歴書職務経歴書をしっかり書き上げ、就職・転職に望み、内定を勝ち取ってきました。志望動機自己PRは最も重要で、最も自分を売り込む事ができるポイントです。売り込むというと難しそうですが、要は自分のいいところを探して、拡大解釈でもいいのでよい表現をする「見方を変える」事です。これはいろんな場面で通用します。でもウソはいけませんよ(笑)
履歴書はその人の顔、生き様そのものです。書類選考では人事担当者は履歴書からその人の全てを判断します。書類選考を通る履歴書の書き方を始め、履歴書フォーマットダウンロード履歴書志望動機の例文、履歴書自己PRの例文から、履歴書封筒の書き方、履歴書折り方まで幅広く、就職・転職時の経験談も交えつつご紹介します。
是非、内定・就職を勝ち取ってください!!


大物実業家も参拝する《金運神社》とその参拝法とは?
【楽天で今売れているものは?】

英文履歴書と日本の履歴書の違い

履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文」を訪問頂きありがとうございます。

求職活動の第一歩は履歴書の作成である。
これは相手が日本企業であれ外国企業であれなんら変わりはない。
但し、日本企業が求める履歴書と、外国企業、とりわけ欧米企業が求める履歴書(resume)ではその内容がかなり違う。
一般に、日本企業に提出する履歴書は、丁寧な自筆で所定の書式に従って過不足なく、かつ正確に記入してあることが最大のポイントで、自分の能力や実績をあまり強くアピールするような記述はむしろ控えるべきとされている。しかし、欧米企業の人材募集は、特定の職種・ポストに対して即戦力となるスペシャリストを求めるというのが普通である。
したがって、欧米企業に提出する英文履歴書では、自分の能力や実績のアピールこそが最大のポイントとなる。日本式の履歴書が、書き手の主観を排した記録としての要素を重視するのに対して、欧米式の「レジュメ」は何よりもまず自分を売り込むためのツールと認識する必要がある。
コメント:0トラックバック:0Edit

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
【あなたはDVDをレンタルした時に損をしているかも・・・】
Copyright © 履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます