IT企業への就職、転職に有利な取得資格|履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文

履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文

就職・転職時に避けて通れないのが履歴書職務経歴書。転職経験は3回ありますが、そのたびに履歴書職務経歴書をしっかり書き上げ、就職・転職に望み、内定を勝ち取ってきました。志望動機自己PRは最も重要で、最も自分を売り込む事ができるポイントです。売り込むというと難しそうですが、要は自分のいいところを探して、拡大解釈でもいいのでよい表現をする「見方を変える」事です。これはいろんな場面で通用します。でもウソはいけませんよ(笑)
履歴書はその人の顔、生き様そのものです。書類選考では人事担当者は履歴書からその人の全てを判断します。書類選考を通る履歴書の書き方を始め、履歴書フォーマットダウンロード履歴書志望動機の例文、履歴書自己PRの例文から、履歴書封筒の書き方、履歴書折り方まで幅広く、就職・転職時の経験談も交えつつご紹介します。
是非、内定・就職を勝ち取ってください!!


大物実業家も参拝する《金運神社》とその参拝法とは?
【楽天で今売れているものは?】

IT企業への就職、転職に有利な取得資格

ブログネタ
各種資格試験 に参加中!
履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文」を訪問頂きありがとうございます。

IT企業に就職転職される方向けに、履歴書に書くと有利で人気のある資格として、以下の資格があげられます。
IT企業に転職を考えている方で、IT資格をお持ちでない方は、「○○(資格名称)を学習中」といった内容を志望動機自己PRなどに記入しスキルアップをしている事を伝えるとよいですが、特にIT企業は継続的なスキルアップを求める企業が増えていますので、なるべく事前の取得をお勧めします。

・ORACLE MASTER
・SJC-P
・LPIC
・基本情報技術者
・初級システムアドミニストレータ

ORACLE MASTERはオラクルデータベースのスペシャリスト資格です。
10g Silver以上が転職に有利とされています。

SJC-PはサンマイクロシステムズのJava言語のスペシャリスト資格です。
問題は選択式ですが、紛らわしい問題が多く、知識があっても合格するのは容易ではないと言われています。
istudyで学習するとよいと言われています。

LPICは最近急速に浸透してきたLinux OSの資格です。
LinuxのコマンドからLinuxの構築まで、レベルに応じた資格があります。

基本情報技術者は、経済産業省の指定試験機関である(財)日本情報処理開発協会の情報処理技術者試験センターが行う国家資格です。上記3資格が製品知識を問う(ベンダー系)資格であるのに対し、国家資格は情報処理に関する資質を問う資格です。
どんなIT系の企業でも、国家資格は必ずプラス評価をします。
情報処理の基本はまず基本情報技術者から。

初級システムアドミニストレータは、基本情報技術者と同じ国家資格ですが、システムを利用する側から見た資格です。
他の国家資格と比べ、容易な部類の資格になりますが、合格ラインが80%と高いため、手を抜けない資格です。

これら以外にも、IT資格はたくさんあります。
まずは自分が何をしたいのか、それにはどんな勉強をしたらよいか、そしてその勉強の成果を証明する資格は何か、それを考えて勉強に入りましょう。

資格の詳細については、【無料】IT資格詳細・通信講座の徹底比較!一括資料請求などを利用して、資格の難易度、学習する際の注意事項などを確認してみましょう。
上記サイトではIT資格以外にも、多くの資格情報を入手できます。
また、生涯学習のユーキャンであれば、比較的安価に通信学習ができます。


各種資格試験 - livedoor Blog 共通テーマ
コメント:0トラックバック:0Edit

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
【あなたはDVDをレンタルした時に損をしているかも・・・】
Copyright © 履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます