履歴書に書ける資格と資格の書き方|履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文

履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文

就職・転職時に避けて通れないのが履歴書職務経歴書。転職経験は3回ありますが、そのたびに履歴書職務経歴書をしっかり書き上げ、就職・転職に望み、内定を勝ち取ってきました。志望動機自己PRは最も重要で、最も自分を売り込む事ができるポイントです。売り込むというと難しそうですが、要は自分のいいところを探して、拡大解釈でもいいのでよい表現をする「見方を変える」事です。これはいろんな場面で通用します。でもウソはいけませんよ(笑)
履歴書はその人の顔、生き様そのものです。書類選考では人事担当者は履歴書からその人の全てを判断します。書類選考を通る履歴書の書き方を始め、履歴書フォーマットダウンロード履歴書志望動機の例文、履歴書自己PRの例文から、履歴書封筒の書き方、履歴書折り方まで幅広く、就職・転職時の経験談も交えつつご紹介します。
是非、内定・就職を勝ち取ってください!!


大物実業家も参拝する《金運神社》とその参拝法とは?
【楽天で今売れているものは?】

履歴書に書ける資格と資格の書き方

ブログネタ
各種資格試験 に参加中!
履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文」を訪問頂きありがとうございます。

資格を持っていると、就職転職時に有利です。履歴書職務経歴書に記入してアピールできます。
また、企業が莫大な費用を投じている教育面のフォローにもなります。
資格を持っていなくても、(応募職種に関連した資格を)勉強中です、程度の事はアピールしたほうがよいでしょう。

しかし、アピールの仕方によっては、諸刃の剣になってしまう事もあります。

例えば、応募職種が未経験の場合。
資格があれば転職に有利ですが、資格より実務経験を優遇されるのが実情です。
面接で実務経験がない事を問われた時に、「資格を持っていますので、大丈夫です!」というようなアピールはしないほうがよいでしょう。
資格の評価は企業によって様々です。また、資格は実務経験に匹敵する、と考える企業は少ないでしょう。

資格は重要ですが、応募職種が未経験の場合、多くの企業は「前職で得た経験をどう生かして当社に貢献してくれるのか」というところ(=人間性)を最初に見てきます。
コミュニケーション能力、積極性、提案力など…人間性を重視した採用活動を行う企業が多いです。

未経験の場合は、前職で得た経験を志望動機自己PRに盛り込み、熱意の証明として、資格を取得してスキルアップに努めている事をアピールするとよいでしょう。
実務経験がない事を問われたら、資格によってベースとなる知識はあると認識しており、実務はスムーズに習得できる、といったようにアピールするとよいでしょう。

資格を前面に押し出すのではなく、あくまで志望動機自己PRを確実にして、資格はそれらの強力なサポートアイテムと考えるようにしましょう。

もちろん、前職と同じ職種に応募する場合は、関連資格があるだけで非常に有利になります。その場合は、「他にはどんな資格に興味があるか」といった質問があるかも知れません。
熱意をアピールするためにも、興味のある資格を考えておくとよいでしょう。
その場合は、なぜその資格に興味があるのかも考えておくようにしましょう。


各種資格試験 - livedoor Blog 共通テーマ
コメント:0トラックバック:0Edit

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
【あなたはDVDをレンタルした時に損をしているかも・・・】
Copyright © 履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます