履歴書の自己PRとして職種、業務経験をアピールする例|履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文

履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文

就職・転職時に避けて通れないのが履歴書職務経歴書。転職経験は3回ありますが、そのたびに履歴書職務経歴書をしっかり書き上げ、就職・転職に望み、内定を勝ち取ってきました。志望動機自己PRは最も重要で、最も自分を売り込む事ができるポイントです。売り込むというと難しそうですが、要は自分のいいところを探して、拡大解釈でもいいのでよい表現をする「見方を変える」事です。これはいろんな場面で通用します。でもウソはいけませんよ(笑)
履歴書はその人の顔、生き様そのものです。書類選考では人事担当者は履歴書からその人の全てを判断します。書類選考を通る履歴書の書き方を始め、履歴書フォーマットダウンロード履歴書志望動機の例文、履歴書自己PRの例文から、履歴書封筒の書き方、履歴書折り方まで幅広く、就職・転職時の経験談も交えつつご紹介します。
是非、内定・就職を勝ち取ってください!!


大物実業家も参拝する《金運神社》とその参拝法とは?
【楽天で今売れているものは?】

履歴書の自己PRとして職種、業務経験をアピールする例

ブログネタ
転職における自己PRの仕方 に参加中!
履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文」を訪問頂きありがとうございます。

履歴書自己PRで職種経験、業務経験などの経験をアピールする時の例です。
過去、どんな職種を経験してきたか、業務経験はどれ位あるのか、それらの知識は今後行っていく事にどんな良い影響を与えられるのかを整理してアピールします。

・前職と関連した業務経験
・前職と同じ職種経験
・リーダー、マネージャー経験
・異動、昇進
・転職回数

転職回数はあまり多すぎるのはよくありませんが、しかしながら一見マイナスイメージである転職回数も、キャリアアップのために転職してきた事、修羅場を経験してきている事などを含めて表現する事で、プラスイメージに変換する事もできます。(私も3回転職してきています。確かに転職回数について圧迫した質問をされた事もありますが、上手に表現して内定を勝ち取ってきました。)
様々な職場を経験しているという事は、それだけ順応性・適応力が高いという見方もできます。また、転職を考えたからといってすぐ行動に移れるものでもありませんから、転職する勇気と、転職してでも目標に近づきたいという考え方もできるのではないでしょうか。

応募職種と同じ職種経験、業務経験があれば、即戦力になれるという事をアピールできます。具体的な内容を表現するとよいでしょう。
リーダー・マネージャー経験であれば、人をまとめる能力をアピールできるだけでなく、人をまとめる事の大変さを知っていると解釈してもらえる事もあります。

自分の行ってきた創意工夫をアピールするとなおよいでしょう。


転職における自己PRの仕方 - livedoor Blog 共通テーマ
コメント:0トラックバック:0Edit

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
【あなたはDVDをレンタルした時に損をしているかも・・・】
Copyright © 履歴書の書き方・履歴書の志望動機の例文 All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます